Archery(アーチェリー)

弓を引き、的を狙い、弦を放す。そして、矢の当たったところで点数が決まる。 このように、アーチェリーはシンプルなスポーツです。その一方、さまざまな知的作業が含まれることでも人気。たとえば、風が吹いているときは、 風がどのくらい矢飛びに影響するかを考えなければなりません。野山を歩き回るフィールド競技には、的までの距離を自分で判断しなければならないラウンドもあります。

 

アーチェリーのもうひとつの魅力は、年齢や性別を問わず、だれでも気軽に楽しめるところ。実際、アーチェリーは生涯スポーツとしても人気が高く、自分の体格や腕力に合った道具を使用すれば、子どもやお年寄りでも、気軽に楽しむことができます。一方、全日本選手権大会や国体、さらにはオリンピックや世界選手権大会など、競技スポーツとして楽しむ人も多くいます。

アーチェリーの歴史

アーチェリーは、紀元前2万年(旧石器時代) 頃、狩猟のために弓矢を使用したのが始まりとされています。そして、その後、人間同士の争いの道具、つまり武器として使用されるようになりました。いまのようにスポーツとして確立されたのは、16 世紀にイギリスの王ヘンリー8世が、アーチェリーのコンテストを開催したのがきっかけでした。日本でアーチェリーが本格的に行われるようになったのは、1950年代後半に入ってから。その歴史は、まだまだ浅いものと言えます。

アーチェリー用具

大事なことは、自分の体力・体格に合った道具を選ぶこと。上達の度合いに合わせて、揃えていきましよう。

  • 弓(ボウ)

オリンピックや国体などで使われるリカーブボウと、弓の上下に偏心滑車の付いた コンパウンドポウがある。

  • 弦(ストリング)

超高分子量ポリエチレン繊維の弦が一般的で、それを何本かより合わせて作られて いる。弓の強さや長さに応じて、ストリングの太さと長さを変える。

  • 矢(アロー)

アルミニウム合金製やカーボン製。体格や弓の強さ、技術に合わせて、矢の長さや太さを選んで使用する。

  • グラブ・タブ

弦の擦から指を保護し、リリース(矢を放つこと)を滑らかにする。リカーブボウ用。

  • アームガード

弓をもつ押し手の内側を、弦の返りから保護するためのもの。度革やプラスチックで出来ている。

  • クイーパー(矢筒)

矢以外にも、スコアカートなど小物類を入れて使用する。

安全のための知識

アーチェリーの矢のスピードは装備や弓の強さにもよりますが、だいたい時速200~230㎞くらいになります。その衝撃力は、厚さ5ミリの鉄板を打ち抜くほどです。アーチェリー は、紳士淑女のスポーツ。スポーツとしてむしろ、安全のためのマナーは守らなければなりません。

 

いかなる場合でも、人に向かつて弓を引かない。

・射つ人の前方、 または前側に立たない。

・ターゲット付近に人がいないか、確認の上、発射する。

・他の人が射っている最中に、決してターゲットに近づいてはならない。

・空に向かつて射たない。

・自分のドローレングスより、短い矢を引いてはならない。

・矢がアローレストから落ちたら、 元に戻して引き直す。

・矢をつがえずに、空射ちしてはいけない。

・他の人が射っている間は静かにする。

・身体にビッタリ合った服装をする。

・ストリングが、 ボタンや衣服等に引っかからないように注意する。

・プレーの前には、十分に弓具の点検をする。

・矢を抜くときには、後ろに人がいないことを確認して行う。

・許可なく、他の人の弓に触れたり引いたりしてはいけない。

・矢探しをするときは、後続のグループにわかるように、的前に弓を立てておく (フィールドの場合)

オリンピック競技(アーチェリー)

弓で矢を射ち、標的上の得点を争う競技です。日本では、主にターゲット、フィールド、インドアの3競技が行われています。いずれも2年に1回、世界選手権大会が開かれます。オリンピックでは、ターゲットが実施されます。

【種目】

男子(2種目) 個人、団体

女子(2種目) 個人、団体

【出場選手数】  

男子・・・64人   女子・・・64人

【ルール】

距離は70mで122cm標的面を使用して行う。

標的面に当たった場合の最低点は1点、外れれば0点。

【実施方法】

●ランキングラウンド

※個人、団体の対戦相手を同時に決めるためのラウンド

※矢数は72射、720点満点

同点の場合 

① 10点の数。

② 10点のさらに内側の小さい円(インナー10)に当たった数で順位を決める。

③ 10点、インナー10が同数の場合、ディスクトスで順位を決める。

④ 個人は1位から64位、団体は1位から12位までの順位を決める。

個人戦

 

1. ランキングラウンドで決まった順位により、1位対64位、2位対63位・・・の1対1のマッチ戦で

    トーナメントを行う。

 

2. 1セットは3射で、20秒の制限時間内に交互に射ち、それを5セット行う。

 

3. 各セットで得点の高い選手が2セットポイント、同点の場合は共に1セットポイントを獲得し、先に

    6セットポイントを上げた選手が勝ちとなる。

 

4. 5セットを終えた時点で5対5の同点の場合は「シュートオフ」となり、1射を放ち中心に近い選手

    が1ポイントを獲得し、合計6ポイントとなって勝ちとなる。

※シュートオフは

① 両選手がそれぞれ1射し、得点の高い選手が勝ちとなる。

② 同点の場合は、中心に近い選手が勝ちとなる。

③ 中心からの距離が同じ場合は、距離に差が出るまで繰り返す。

 

5. 準決勝で敗れた選手が、3位決定戦で銅メダルをかけて戦う。

団体戦

1. ランキングラウンドでのチーム3人の個人得点を合計したものが団体の順位となり、その順位に

   より、1対1のマッチ戦でトーナメントを行う。

 

2. 1回戦は、1~4位はBYEとなり、5位と12位、6位と11位・・・が対戦する。

 

3. 矢数は24射(6射×4セット)。1セットは、一方のチームが3射(各選手が1射)した後、交替した

   相手チームが3射し、これを繰り返して6射する。1セットの制限時間は120秒。

 

4. 各セットで得点の高いチームが2セットポイント、同点の場合は共に1セットポイントを獲得し、先に

   5セットポイントを上げたチームが勝ちとなる。

 

5. 4セットを終えた時点で4対4の同点の場合は「シュートオフ」となり、3人がそれぞれ1射を放ち、

   合計得点の高いチームが1ポイントを獲得し、5セットポイントで勝ちとなる。

※シュートオフは

① 両チーム共3人がそれぞれ1射し、合計得点の高いチームが勝ちとなる。

② 同点の場合は、最も中心に近い矢のチームが勝ちとなる。

  例:Aチーム(10、9、8点の27点)、Bチーム(9、9、9点の27点)では、Aの勝ち。

③ 中心からの距離が同じ場合は、2番目(3番目)に中心に近い矢のチームで判定する。

 

6. 準決勝で敗れたチームが、3位決定戦で銅メダルをかけて戦う。

 

出場者

出場選手数は、男女それぞれ64名(一カ国3名まで)と定められています。オリンピック前年に開催される世界選手権大会が最大の予選となり、ここで一定の人数(2015年のコペンハーゲン世界選手権では35名)が決定されます。この中には、2016年大会の主催国、ブラジルの3名が含まれます。

競技者の出場資格

全競技者は、現行オリンピック憲章の規定に従わなければならず、オリンピック憲章に従った競技者のみがオリンピック競技大会への参加を許される。この中に、オリンピック憲章、規則41(競技者の国籍)を含む。

WAの定める追加資格(2016年版)

 

リオ2016オリンピック競技大会出場には、全競技者は以下の資格を必要とする。

 

2015年7月26日から2016年7月15日までの間に、WA公認競技会で、標準記録(Minimum Qualification Score: MQS)を達成すること。

  • 男子  70mラウンド 630点
  • 女子  70mラウンド 600点

WAは、申請された全競技者のMQS達成を確認する。WA常任理事会は、競技者のMQS達成の適否を最終決定する。

三者委員会枠を認められた競技者は、2016年7月1日までにMQSを達成しなければならない。

主催国の出場枠

主催国には自動的に男女それぞれ3出場枠を与える。ただし、2015年のWACに各3競技者が出場することを条件とする。

この条件なら『誰でも出場資格はある』ということですね!!オリンピックに出れるなんて夢みたいですけど『アーチェリー』は練習すればするほど集中力もつくし、オリンピックに出場できるなんて一石二鳥です。頑張って練習しようかしら❤❤❤