早めに行うべき《薄毛の対策法》

薄毛を引き起こす要因は、以下の4つです。

 

①生活習慣の乱れ

②栄養バランスの悪い食事

③正しくないシャンプー習慣

④頭皮のお手入れ不足

⑤DHT(ジヒドロテストステロン)の生成

生活習慣の乱れの対策

睡眠不足は、髪の成長に不可欠な成長ホルモンの分泌量を減らしてしまうだけでなく、ホルモンバランスを乱し血行不良を引き起こすことも…。質の良い睡眠を確保するためにも、睡眠時間はしっかり6〜8時間とり、スマホをいじったりテレビを観たりと、脳を活性化させてしまうような行動はできるだけ寝る前に行わないように心がけましょう。

 

また、過度な飲酒・喫煙・ストレスも血管を収縮させ、血行不良を引き起こす恐れがありますので、髪や頭皮の健康にとっては大敵。髪の成長にはさまざまな栄養が必要ですが、その栄養を頭皮まで運んでいるのは血液です。血液のめぐりが悪いと、頭皮まで栄養が行き届かなくなってしまいます。主人は根っからの愛煙家です。個人差があるので何とも言えません。

 

ある種のアミノ酸が不足するとストレスを強く受けやすい体質となる。だから無茶なダイエットなどしているとアミノ酸不足となり、ストレスに弱くなってちょっとしたことでも大騒ぎしたり負けてしまう。ストレスに弱い人はお茶を飲むといい。(とくに理気健康茶がいい)お茶の中にはストレスに強いアミノ酸が含まれており、お茶を飲むことで体や心の緊張もとけ、リラックスできる。

栄養バランスの悪い食事の対策

栄養バランスの悪い食事は、抜け毛や薄毛を助長してしまいます。髪の毛の原材料といえば、タンパク質の一種であるケラチン。このケラチンの合成には、さまざまな栄養素が関係しています。人間の身体というのは食物から摂取することの出来るアミノ酸やタンパク質、さらにはミネラル、ビタミンなどの栄養分を取り込むことで様々な身体機能を保持していくことが出来るので、栄養不足になってしまうと、身体に悪影響が及んでしまうのです。健やかな髪の毛や頭皮を保つためには、栄養バランスのいい食事をとる必要があるのです。

正しくないシャンプー習慣

間違ったシャンプー選びやシャンプーのやり方など、正しくないシャンプー習慣も、抜け毛や薄毛につながってしまいます。シャンプーは、物によって洗浄力や含まれている洗浄成分も違います。ご自身の頭皮に合わないシャンプーを使い続けていると、洗浄力が強すぎて必要な皮脂や常在菌まで取り除いてしまったり、洗浄力が弱すぎて汚れや余計な油分がしっかり落とせないのようなトラブルが起きる危険があります。

頭皮のお手入れ不足

頭皮マッサージや育毛剤の使用

などの頭皮ケアを積極的に取り入れていきましょう!頭皮マッサージは、頭皮の血行を良くする効果が期待できます。マッサージによって頭皮の血行がよくなると、頭皮に栄養が運ばれやすくなります。1日5分のマッサージを毎日続けることで、頭皮環境の改善につながりますので、ぜひお試しください。

発毛剤・育毛剤・発毛促進剤の違い

養毛剤:脱毛を防止し、毛髪を保護する。

●育毛剤:毛髪の成長を促す。

●発毛促進剤:毛母細胞の働きを活発にし、毛髪が抜け落ちた後に、新しい毛髪が生えてくる手助けをする。

 

「養毛剤」「育毛剤」に関しては、現存する毛髪に影響を与え、抜け毛の防止・予防を行い髪の成長を促進させる。

発毛薬を服用する(DHTを抑制)

このDHTを抑制するための対策として、発毛薬を服用することは有効な手段です。発毛薬の中でも、フィナステリドを主成分としたプロペシアであれば、DHTの生成を抑制してくれます。 このプロペシアは医薬品のため、クリニックでしか処方されていません。医薬品であることからも、比較的人体への影響が緩和な育毛剤と比べ、副作用の恐れもあります。中には「安価に手に入るから」といった理由で個人輸入に手を伸ばしてしまう人もいらっしゃいますが、偽薬を手にしてしまい、服用後に重篤な副作用に見舞われる恐れもあります。発毛薬の処方を検討されている方は、かならずクリニックで医師にご相談のもと、処方いただくようお願いいたします。

裏技情報

『肉団子一家の主』が薄毛に気づいてから(18歳の時)今まで継続していること。それは毎日石鹸で頭皮を洗っているという事実!!ビックリですよね!!それも無添加石鹸ですよ。おまけに月2回は食器洗剤で頭皮を洗っているとか。勿論洗った後は髪の毛だけにコンディショナーをするらしいのですが、どうなんでしょう?でも21年間続けているし、それっきり禿ていないので効果はあるんでしょうね!個人差にもよりますが頭皮だけ石鹸で洗うことで油分や汚れも洗ってくれるらしいので気持ちいいらしいです!裏技情報でした!