女性薄毛・抜け毛原因

女性にとっての髪の悩みは、男性以上にデリケートな問題で、誰にも相談できずに一人で悩んでいるケースもあります。それがストレスになり、またさらに症状が悪化してしまうという悪循環を招くことも。

薄毛・抜け毛が気になりだしたら、早めに医師へ相談してみましょう。

 

若くして薄毛・抜け毛に悩む方はもちろんのこと、30代後半から髪にハリやボリュームがなくなってきたとお悩みの女性も、髪のことで悩む女性は年代問わずいらっしゃいます。原因を理解し適切な対処をすることで、根本から改善し、ご自分の健康な髪を取り戻せる可能性は大いにあります。諦める前にご自分の薄毛・抜け毛の理由を知ることから始めましょう!

女性の薄毛はホルモンバランスの乱れや血流の低下が原因になっていることが多く、20代~30代の頃の過度なダイエットや不規則な生活習慣、様々なストレスの影響なども重なり、更年期頃に脱毛になる場合があります。

女性男性型脱毛症では完全にハゲることはない。

「男性型脱毛症」という名前から男性のみの症状と思われがちなAGAですが、実は女性にも同種の症状が存在します。それが「FAGA(女性男性型脱毛症)」です。女性の薄毛には多様な原因があるものの、薄毛に悩む女性のじつに半数がこのFAGAだと言われています。FAGAは40代から発症する割合が多いのですが、若い患者もいるようです。これは、加齢と更年期によって女性ホルモンが減少するため、相対的に男性ホルモンが優位になり発症すると考えられています。

分娩後脱毛症(産後の抜け毛)

分娩後脱毛症とは、出産してから2~3カ月で症状が現れ始める脱毛症です。主な原因は出産後のホルモンバランスの乱れです。

 

・赤ちゃんの夜泣きからくる睡眠不足

 

・生活の変化でストレスを抱える

 

・食欲がなくなって栄養が偏る・不足する

 

・産後太りをもとに戻そうとする無理なダイエットをする

 

このような原因が積み重なって産後の薄毛・抜け毛が起きてしまいます。しかし、過度に心配する必要はありません。 この症状は一時的なもので半年から一年程度で自然と抜け毛が治っていくからです。産後の抜け毛にお悩みの方は 夫婦で家事や育児の役割分担を上手にしながら、赤ちゃんとの生活に徐々に慣れていきましょう。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は、名前の通り引っ張りすぎによる脱毛症。

・ポニーテール

・お団子

これらのヘアスタイルを毎日続けていると、毛根が弱り、毛が抜けてしまいます。また - エクステ - ヘアアイロンで毎日髪を引っ張る女性がおしゃれのためにやっているこういった行為も牽引性脱毛症の原因に。

円形脱毛症

円形脱毛症は、一部分の毛がごっそり抜けてしまう症状です。いわゆる十円ハゲの名称でお馴染みでしょう。

ほとんどの場合自然治癒すると言われていますが、まれに悪化して脱毛部分が広がってしまう場合もあります。 脱毛が広い範囲に及んで、脱毛してからの時間が長くなるほど治療が難しくなります。 念のためにまずは病院に行くことをお勧めします。 早い段階で治療を行えば半年から2年ほどで完治する可能性も高いです。

女性のための対策方法

育毛剤を使う

薄毛が気になるならおすすめしたいのは育毛剤。育毛剤は男性が使用するもの…ではありません! 今では女性用の育毛剤がいくつも販売されています。育毛剤は、 - 育毛(毛を丈夫に育てる)

 

・脱毛・抜け毛の防止

・フケ・かゆみの抑制

・頭皮環境改善

 

商品:ベルタ育毛剤 Wアプローチ マイナチュレ

発毛剤を使う

あまり知られていないかもしれませんが、育毛剤と発毛剤は異なる製品です。育毛剤と違い、新しい髪を生やす効果が認められています。ただし、副作用が発症する懸念点があり、薬剤師による処方が必要です。育毛剤で十分なのか、発毛剤を使うべきなのか、よく検討しましょう。育毛剤:「今の髪の状態を維持したい」「そこまで薄毛が進んでいない」「薄毛を予防したい」

 

・発毛剤:「薄毛になってしまったので髪を生やしたい」という女性

クリニックに通う

薄毛治療専門のクリニックに通うことも考えるべきでしょう。 上に書いてきたような脱毛症の症状が見られる場合、相談し、対策を受けることができます。クリニックで受けることのできる主な治療は * 医薬品の処方 * 毛髪再生医療 * 植毛 * 生活習慣・シャンプーについてのアドバイスをしてくれます。

皮膚科に通う

薄毛には皮膚の疾患が原因となって起こるものもあります。アレルギーや頭皮におけるカビ菌の過剰な分泌、頭皮のやけど、外傷、感染症などです。 「自分の薄毛の原因が分からない」「何か皮膚の疾患に不安がある場合」は皮膚科を受診してみましょう。毛治療専門のクリニックと比べると皮膚科で対応できる薄毛治療の幅は狭いことが多いので、 皮膚科に相談して、自分の薄毛の原因が皮膚とは関係がないこと分かったら、薄毛治療専門のクリニックを受診して治療を進めていくといいでしょう。

頭皮マッサージを行う

頭皮マッサージをすると、頭皮の血行が促進されます。髪に必要な栄養を運ぶのは、もちろん血液。

この流れが滞っていると、十分な栄養が髪に到達せず、毛が育ちにくくなってしまいます。

 

毎日1〜2分、やさしく頭皮をマッサージし、頭皮の血行促進をしていきましょう。 オススメなのは夜にシャンプーしながらマッサージもすること! これなら面倒臭くなく、毎日続けられますよね!

さらに頭皮のツボが刺激されることによるリラクゼーション効果もあるので、お風呂上がりの睡眠の質もアップしますよ!

質のいい睡眠をとる

髪の毛の新陳代謝・回復は睡眠中に進んでいくと言われています。仮にもし睡眠が足りないとなると、髪の成長が十分に行われません。目安として、6時間以上は寝ることをおすすめします。 手足が冷えてなかなか寝付けない女性も多いかと思います。

・温かい飲み物を飲む(ただしコーヒー・紅茶・煎茶にはカフェインが含まれているのでNG)

・ショウガやネギなどの体を温める食材を使った料理を夕食に取り入れる

・寝る前に38~40度のぬるめのお風呂に浸かって血行を促進させる

22時〜2時は髪にとってのゴールデンタイムといわれており、この間に多く睡眠時間をとると成長ホルモンによって髪の成長が促されます。