薄毛対策~もうハゲとは言わせない~

現代男性だけでなく女性も悩みの中でも常に上位にランキングされる薄毛の悩み。薄毛の原因も様々あれば、遺伝的な原因もあります。薄毛対策もたくさん種類があって選び方を間違えればさらに薄くなっていく。悪循環をなくす為にやるなら効果があってかつ手軽な方法で結果につなげたいですよね。

 

薄毛とは何らかの原因で髪が細くなったり、抜け落ちたりと正常な成長をしなくなり、その結果、「髪の毛が薄くなる」といった状態になることですが、いったいなにが原因で薄毛となるのでしょう。 薄毛になる原因は大きく分けて4つあります。「遺伝」「男性ホルモンの影響」「食事・生活習慣」「精神的ストレス」これらの薄毛原因が複雑に絡みあった結果、髪が抜けたり細くなるのです。この4大原因からみると、どの人にも薄毛になる可能性があるということがわかります。

 

薄毛に悩んでいるみなさん、対策を始めていますか?もし、「まだ対策していない」という方には、早めに対策することを強くおすすめします。薄毛の原因は、ストレスや頭皮環境の悪化など、さまざまです。

中でも、日本人男性の薄毛の原因として最も多いのが「AGA(男性型脱毛症)」によるヘアサイクルの乱れがあります。

AGAによって薄毛になる理由

AGAを引き起こす大きな原因は、男性ホルモンの変化です。

男性ホルモンのテストステロンは5αリダクターゼという酵素と結合すると、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンに変化します。このDHTが毛乳頭細胞に作用することで、ヘアサイクル(髪の生まれ変わりの周期)の乱れを引き起こすのです。通常毛が生えて太く長く成長し、次第に抜け落ちて新しい髪が生えてくる…というサイクルを繰り返しています。ヘアサイクルが乱れると髪が十分成長しきる前に髪が抜けてしまったり、弱々しい髪しか生えてこなくなったりするのです。

AGAによる薄毛は“進行性”なので、早めの対処が必要!

AGAは、「生活習慣の乱れ」や「頭皮環境の悪化」によっても誘発されますが、基本的には先ほど説明したように男性ホルモンの変化など、自然な体の変化によって起こる薄毛です。なので、「何かしらの対処をすれば“完治”する」ものではありません。生活習慣の乱れや頭皮環境の悪化など、AGA以外の原因による薄毛は、大元の原因さえ治せば薄毛も解消されるので“一時的”であるのに対し、AGAは進行性であるため、放っておくとどんどん薄毛が進行していってしまうのです。

それではどの様な対策をすればいいか見てみましょう!!『肉団子一家の主』はかろうじて禿ていません❤❤しかし18歳頃から薄毛に悩んでいたらしく主人はある方法で薄毛の進行を抑えているようです。特殊なものは使用していません。最後にコッソリ教えます❤❤マル秘情報(裏情報)ですよ!