· 

『ダイエット成功の秘訣』

【不眠はダイエットの大敵】

不眠がちになると、実はあっという間に睡眠不足が原因で太りやすくとなってしまうというデーターがあります。ダイエットを頑張っているのに、何故か痩せないという方は睡眠をしっかりととっていますか?毎日睡眠不足だと、せっかくのダイエットも効果は半減します。

なぜ、睡眠不足で太るの?

睡眠不足の状態では、満腹を感じる「レプチン」というホルモンの分泌が減少し、食欲を上げるホルモン「グレリン」の分泌が増加します。

食欲がUPし、満腹を感じにくくなるのだから、食べ過ぎてしまうのも必然。大量にエネルギーを消費する脳が眠らずに活動しているのだから、抗うことができません。

恐ろしいことに、この現象は一晩の睡眠不足でも起こります。

睡眠は時間だけでなく「質」も重要。

眠っているつもりでも、睡眠が浅かったり、夜中に何度も起きてしまうなら、それは睡眠不足と同じです。もし睡眠不足が習慣になっているなら、無意識に食べ過ぎが続き、「肥満の道をまっしぐら」なんてことにも…。

睡眠と関係のある4つのホルモン

「レプチン」「グレリン」

「コルチゾール」「成長ホルモン」

この4つのホルモンは、いずれも体内リズムによって睡眠とも深く関わっています。きちんと眠らなかったり、時間的に不規則な生活を続けていると、こうしたホルモン分泌のリズムが乱れ、眠りの質がますます下がり、食べ過ぎなどによって体重が増加しやすくなってしまうのです。

この4つのホルモンの働きなどを知ることは、「眠り」への理解を深めるための必須課題ともいえるほど重要です。

1、食欲を抑えてくれるレプチン

ホルモンは、体内の特定の器官で分泌されて、人体に一定の作用をもたらします。人体ではさまざまな種類のホルモンが分泌されていますが、その中でも「レプチン」は広く知られているホルモンのひとつといえるでしょう。

2、グレリンは空腹信号で食欲アップ!

逆に、胃から分泌される「グレリン」は、視床下部の食欲中枢に「空腹」信号を送ります。つまり、食欲を増進するホルモンです。すでに十分なカロリーをとっているはずなのに、「もっと食べたい」「スイーツは別腹」と思ってしまうことなどにも、グレリンの働きが関係しているといわれています。

3、睡眠不足になると、レプチンが減ってグレリンが増える!

「寝ないと太る」説の根拠も、このレプチンとグレリンの分泌が最大のポイントです。たとえば、米・スタンフォード大学の研究では、睡眠時間が5時間の人よりも8時間の人のほうがグレリンの分泌は15%減り、レプチンが15%増えたという結果が報告されています。

4、別名は「ストレスホルモン」!

体の成長を促すことで知られる成長ホルモンは、肌や筋肉、骨などの体組織の修復や再生をし、脂肪を燃焼させる働きもしてくれます。

「コルチゾール」というホルモンをご存じでしょうか。ストレスを感じたときに、ストレスへの抵抗力を上げるために多く分泌されることから、別名「ストレスホルモン」とも呼ばれています。ロンドンにある大学の54歳以上の男女を対象にした研究で、髪の毛から検出されるコルチゾールのレベルが高い人ほど、肥満や太りすぎの人が多いということが報告されています。


睡眠の質を上げる5つの方法


1、就寝時は暗闇で眠る

夜はできるだけ蛍光灯の光を避け、暖色系の灯りに切り替えましょう。間接照明や灯りを低い位置にするのもおすすめです。パソコンやスマホのブルーライトも強い覚醒作用があるので、眠る前はオフにしましょう。

2、入浴、ストレッチで体温を少し上げる。

体が冷えていると、体温が下がりづらく深い眠りに入りにくくなってしまいます。40℃程度のぬるめのお風呂にゆったり浸かるほか、ヨガやストレッチなど軽い有酸素運動などで体温を上げてておくのが効果的。エアコンの温度は、スポーツ選手が実践する28℃に設定するのがおすすめです。

3、カフェイン、アルコールは控える


コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれるカフェインは睡眠を妨げ、質を低下させる要因。夕食以降はできるだけ控えましょう。お酒を飲んだほうが眠りやすいと思っている人も要注意です。アルコールによる睡眠は、気絶しているようなもの! 眠りが浅く、睡眠の質は低いのでご注意を。

4、“天然睡眠食材”を取り入れる

睡眠ホルモン「メラトニン」のもとになる「セロトニン」の原料が、必須アミノ酸であるトリプトファン。これを多く含むのが牛乳や納豆などの大豆食品です。他にも、香りの成分が精神を安定させ睡眠に導くとされるセロリなどもおすすめです。

5、いびき、歯ぎしりは睡眠の妨げ

いびきや歯ぎしりは、自分では気づきにくいものですが、朝起きて口が渇いていたら要注意です。眠っているつもりでも、眠りが浅く、質のよい睡眠とは言えません。いびきで呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」は、間違いなく睡眠障害。睡眠外来など専門の病院で治療しましょう。

【肉団子一家の意見】

普段、当たり前のようにくり返している睡眠。それをちょっと改善するだけでキレイやせが可能に。睡眠は毎日行うことだから、やせる眠り方さえ習慣にできれば、一生太らないこと間違いなしです!