· 

「健康増進型保険」保険の革命

皆様保険の見直しはどうしていますか?

会社の団体保険?事業主としての保険?
今正に保険会社の保険の内容も未来型に変貌されようとしています。
健康志向な方ならとっておきなマル得情報ですよ!

運動や禁煙などで生活習慣や健康状態が改善すると、保険料を安くする「健康増進型保険」を保険各社が投入している。

加入者の健康管理に対する意識を高めて病気の発症を減らし、保険金の支払いを抑える事ができます。

日本の将来における少子化や晩婚化で生命保険に新規加入する人が伸び悩む中、「健康」をキーワードに新たな顧客層を開拓している。

『住友生命保険会社』

肉団子一家が生涯生命保険加入している住友生命ですが、こちらも画期的な保険内容になっています。生命保険会社で『住友生命』はおススメです。

住友生命、健康増進型保険「Vitality」でソフトバンクと提携

新商品「バイタリティー」

運動量の増加や食生活の改善など健康の増進に努めると、保険料が割り引かれるを24日から発売する。

住友生命が取り扱う死亡保険や医療保険などの特約として提供する。

この特約をつけるだけで月々の保険料が本来の水準よりも15%割り引かれる。

さらに、健康診断の受診結果や1日の歩数などに応じて付与されるポイントの多寡で翌年の保険料が変わる。獲得ポイントが多いと最大30%安い。

逆に、ポイントが少ないと最大10%保険料が上がる。この特約は月額864円(税込み)を別途支払うことで保険につけることができる。

ソフトバンクと提携メリット

★「スマート体組成計2」の機種代金を会員限定で2400円割り引き。

★ソフトバンクのスマートフォンを新規契約または機種変更で購入したVitality会員に、ウェアラブルデバイスと血液検査の無料クーポンを提供

★利用状況に応じて保険料が割引される「Vitalityポイント」が貯まる。

★今後の提携企業アディダス、ローソン、スターバックスコーヒーなどが参加する。


「健康増進型保険」メリット【保険会社】


健康状態が改善して病気を発症しない加入者が増えれば、保険会社にも医療保険などの保険金の支払額が少なくてすむメリット。

従来の保険商品は、加入時の審査を通れば保険料は性別や年齢で決まり、健康に気をつけている人もそうでない人も、保険料は一律なのが通常です。

各社保険の内容

『東京海上日動あんしん生命保険』

昨年8月、ウェアラブル端末と専用のアプリを使って保険加入者の毎日の歩数を計測し、一定期間の平均歩数が1日8000歩になると還付金を支給する医療保険「あるく保険」を発売した。

『第一生命保険』

3月から、生命保険の加入時に健康診断書を提出するだけで保険料が割り引かれ、結果が所定の条件を満たせば最大約20%の割引となる特約を新たに提供している。

『明治安田生命保険』

4月に毎年の健康診断の受診やその結果に応じて保険料の一部をキャッシュバックする新商品を発売する。

『日本生命保険』

「保険料を安くするには、運動などの健康増進活動でどれだけ病気の発症リスクを減らせるか、根拠となるデータの分析をもっと深める必要がある」と健康増進型保険の導入には否定的です。

『肉団子一家の意見』

これからの未来を考えると保険の見直しは必要だと思います。保険料の支払いは家計にとってかなりの痛手です。辞めたくても『何が起こるかわからない世の中』だからこそ『保険加入』は重要です。少しでも安くなれば嬉しいですよね?