· 

ダブル記念日 ( Double anniversary )

無事ママと赤ちゃんが自宅に帰り、注文していたフルーツケーキでお帰り祝いとなんと豆コロの誕生日祝い。ダブル記念日となりました。嬉しい限りです。

 

Mom and baby came home safely and celebrating the birthday of the bean roller with a couple returning with the fruit cake ordered. It became a double anniversary. I am happy.

スポンサーリンク

豆コロが初めて赤ちゃんを抱っこしましたよ〜。なんだか嬉しそうな顔して、赤ちゃんをあやして、ミルクをあげている姿をみて、「将来 豆コロもママになるんだ」と想像しました。父親としては嬉しい反面寂しさも入り混じった複雑な感じでした。

 

''Bean''  hugged the baby for the first time ~. I felt somehow a happy face, pacifying my baby, looking at the milk raising image, I imagined that 'future bean rollers will become mothers'. It was pleasant as a father, but on the other hand it was mixed feeling mixed with loneliness.

さて豆コロですが生誕5年目。来年は「小学生」になるんです。早いです。この5年の間に2人の子供が産まれたなんて想像もできませんでした。何があるかわからないのが「未来」なんですね。

 

Well I'm a ''Bean'' college, my fifth birthday. Next year will be "elementary school student". It is early. I could not imagine that two children were born in the past five years. I do not know what is the "future" is not it?

スポンサーリンク

そうです。「未来」なんです。子供達が作り上げていかなくてはならないのは、過去でも現在でもなく未来なんです。地球を救うのは今まさに「産まれてきた子供達が主役」になるんです。そうしながら地球を救ってきたのだと思います。

 

That's right. It is "the future". It is the future, not in the past or the present, that the children have to make up. It is now precisely "the babies born to be the protagonists" to save the earth. I think that I have saved the earth while doing so.

子供達の未来にバトンを渡すのは私達親の責任なので、恥ずかしくない現在を作りたいと願うばかりです。

It is the responsibility of our parents to pass the baton to the future of children, so I'd like to create an embarrassing present.