· 

お米が付かない『魔法のお茶碗』

食事の時お子様に『ご飯一粒残らず食べなさいと』言った記憶はございませんか?私も子供の頃は良く言われましたが、一粒残さず食べるのって結構難しいですよね。乾けばお茶碗にくっ付いて剥がれない!それでもお箸で引っ掻いて、お米を剥がすように食べていました。

 

我が子にも『お米は一粒の残さず食べなさい』と教育しています。言いつけが上手く言ってるのか自宅でも保育園でもお米は残さず食べています。私が思うに現代の子供は上手くお箸を使えないのか、お米を掴むことさえ難しく見えます。

この問題を解決できる画期的なお茶碗を見つけたんです!

 

初めて出会ったのはとある高級レストラン。お茶碗に水分たっぷりのご飯が盛られているのですがお茶碗の肌触りが少し違っていたのです。

 

ご飯を食べていくと お米がくっつかない事に気付きました。お米に水分があっても、乾いてもくっつかないのです!私は驚きました!これなら子供に『お米を一粒残さず食べなさい』と言える。

 

自宅に帰りママと商品を探し回ったのですがなかなか見つかりませんでした。やっぱりそのレストラン独自の商品なのか?と諦めていた矢先、ママがとあるデパートで買ってきたではないですか!

スポンサーリンク

早速、購入したお茶碗を使ってみると、ご飯がくっつきません!子供もいつもより食べやすそうで、お米を一粒も残さず食べ終わります。

 

我が家の食事の教育方針は食べ物に感謝して食べなさいとは教育していませんが、食べ残さないように教育しています。ですので我々親もテーブルにある食べ物は残さず食べています。

 

昔に比べたら便利になっている現代の波にのるのも重要だと私は考えてます。お茶碗はお茶碗でしょ?と言われるかもしれませんが、親が子供に出来る事は『自信をつけさせ、達成感を味わわせる』サポートだと思います。

 

またそのサポートを自分の子供にして欲しいと私は願っています。