· 

待機児童から脱する秘策?

未だ待機児童の話題が出ていますが、何故保育園が人気なのか調べて見たいと思います。

 

定義『Googleより』

保育園と幼稚園では、管轄や法律が違います。 保育園は厚生労働省の管轄で「児童福祉施設」となり、保育士は国家資格です。 幼稚園は文部科学省の管轄で「教育施設」という区分ですので、教諭免許が必要です。  

他にも、保育園に2人以上子どもを預けていれば、2人目は半額、3人目は無料、という地域もあります。私の自治体は2人目から無料です。

費用


保育園

 

保育園は認可保育園、認証保育所、無認可保育所など、どこに預けるかによっても金額が違ってきます。

認可・認証保育所の入園は住所のある自治体との契約になり、保育料も自治体が定めるところによります。多くの自治体では、保育を受ける子どもの年齢と世帯収入に応じて、保育料を決めています。

 

厚生労働省の「地域児童福祉事業等調査結果の概況」という統計によれば、月に2~3万円の保育料を支払っている人が一番多いようです。また、無認可の場合は、世帯収入などは関係ありません。保育を受ける子どもの年齢、また時間数や時間帯によって保育料を定めているところが多いようです。

 

幼稚園

 

文部科学省の「子どもの学習費調査」では、公立幼稚園では平均年額22万2264円(月額保育料だけでなく、給食費なども含む)、私立幼稚園では平均年額49万8008円(同)となっています。私立幼稚園の方が、公立幼稚園の2.2倍となっています。月額にすると、公立幼稚園で平均2万円弱、私立幼稚園では平均4万円を支払っている人が多いようです。

 

3歳以上になると幼稚園と保育園の保育料の差はさほどはないようですが、3歳未満の保育園の子どもの保育料は、この平均よりもだいぶ高く設定されています。幼稚園は一般的には3歳以上からですが、保育園になると早くから入園させることもあるでしょう。こうした費用を考慮すると、保育園の方が少し高くなってくるかもしれません。

スポンサーリンク

選ぶポイント


一般的に、保育園は、親が仕事や病気などの都合でお子さんを長時間預けなければならない、といった場合に利用されるところとなります。両親が仕事に就いていないと入園の許可がおりないところがほとんどです。それに加え、年齢別のクラス特に1歳児2歳児には定員があるため0歳から入園させないと途中入園が難しい事があります。

 

一方の幼稚園は、決められた年齢になれば入園できます。一番の違いは、「保護者の事情によって、保育に欠ける」状態であるかどうか。ご家庭の生活環境やお仕事の状態によって、幼稚園、保育園、どちらを選択するか考えることが第一ステップとなるでしょう。

子供にとってどちらが良い?


 

保育園と幼稚園、どちらがよい、というのはありません。幼稚園は学校の仲間なので教育がしっかりしている、保育園は遊びが中心というような捉えられ方もされがちですが、園の教育方針はいろいろ。幼稚園だから、保育園だから、という区切りだけでは本当に自分の子どもにあった園かどうかはわかりません。

スポンサーリンク

保育園入園させる裏技

保育園はポイント制

 

保育園に入園させるのにどこの自治体もポイント制を導入しています。詳しい内訳は自治体によって違うと思いますが、似たり寄ったりです。ポイント制なので特殊な家庭の方々が優先的に入園できますが、共働きの家庭でもまだチャンスはあります。

 

私の子供が待機児童から脱した成功談を紹介します。成功するかどうかは運次第も有りますが、やってみる価値があることです。

 

1. 初年度待機児童になったら無認可でもいいので、待機ポイントを稼いでおく!値段は高いですが、共働きなら仕方ないと割り切って次年度の入園に向けて下準備してください。

 

2. 入園希望の保育園に見学に行き、先生や園長先生と面談してみる。

 

3. 市長あてに陳情書を書く!←これが1番重要です。

 

私は市長宛に陳情書を書きました。内容は何故入園できないのか?と言う内容だったと記憶していますが、更に書くポイントが有り、子供がなんで希望の保育園に入園したいのかを書くことです。『陳情書をイメージすると親の目線で考えた方が多いと思いますが、入園するのは子供です。必ず子供の目線とそれを思う親の気持ちを書いて下さい。』私が書いたヒントは「まだ子供が待機児童だった時、私が休みの日に子供と公園に行く途中希望の保育園を通って園庭を眺めていた子供から出た言葉や、行動です」私は陳情書を送って一週間後に市役所から入園の許可がおりました。

 

 

両親が共働きであって世帯年収が1000万弱ならどの家庭もポイントが同じなんです。この方々の子供が待機児童になるんです。100人同じ条件の家庭の子供がいて、貴方が審査する側の立場ならどの子を選びますか??頭一つ出すには上記の事を試して下さい。なんだかんだ言って決定を下すのは『人間』なんです。

 

これで必ず入園できるとは保証できませんが、少なくとも審査する人の心は動かせます。

まだまだ待機児童問題は解決しそうにもないですが、実は子供が1人入園できれば次の子も入園できる確率は高いです。我が家は2人目も同じ園にすんなり入園できました。もちろん上の子の時に園に貢献するため役員なんかもしましたけど、次の子の時は園長先生と個人面談もしました。

 

要は入園できるかどうかは園長先生次第のところもあるようです。最低限ポイントはクリアしておかないといけませんが。 待機児童に悩んでる方々が少しでも減るように祈ります。頑張ってください。