· 

Youtubeは育児の救世主?


現代の子供の娯楽と言えば『youtubeを見ること』と言われるほど、子供達は夢中で閲覧してます。我が家のお姫様も時間があれば閲覧して許す限りエンドレスで見ています。最近は規制をかけ、1日1時間もしくは『悪い事したら』禁止というルールを設けました。

 

子供心を惹きつける動画の数々が有り、大人でも面白い動画があれば夢中で閲覧している方も多いのではないでしょうか?『魔法の機能』それが『自動でおススメ動画を選び出す』悪魔誘惑。

 

この記事を書く『私自身』もその1人でこの機能の虜になっています。今回はyoutubeが子供に与える影響を私の視点で考えてみたいと思います。

 

youtubeが与える悪い影響

 

1、現実と動画のとの仮想現実ができあがり、動画に出てくる最新オモチャをせがまれる。

動画は編集可能なので、あたかも全ての事が簡単に思えてしまいます。例えば 物作り。何時間もかかる製作もたった3分程で編集された動画をみると、自分でも3分で 出来ると勘違いし、上手くいかない→直ぐに諦め→癇癪を起こす→放り投げてしまう。「諦め癖がつく」 子供の興味をそそるオモチャ紹介動画を閲覧した後『買って』とせがまれる。

 

2、暴力的&悪い言葉遣い

これは我が家でも問題の1つです。どこで覚えたのか、暴言を吐き捨てる事がよくあります。上の子の閲覧履歴を見ると、やはりその言葉を使ったコンテンツがあり、閲覧禁止させる事も。

 

3、エンドレス

電源が切れるまで見続け、こちらの話を聴かない!時には食事の時間でさえ見続け、禁止させる。これは教育面や躾面で大問題の1つでしょう!

 

youtubeの良い影響

 

1、知識を得るのに有効

コンテンツ次第では教育や育児に効果のある物もあります。これは認めざるを得ません。知らない事もyoutubeから得る事もできます。

 

2、子供興味や関心を無限に引き出す

いろいろなジャンルのコンテンツがありダンスや歌、スポーツ系などを紹介して子供が『簡単と思い』気軽に挑戦させられる。

 

3、お助けユーチューブ

家事やちょっと自分の事に集中したい時、子供を鎮める手段として使用する。私がユーチューブで1番使う事なのですが、皆様も経験があるのではないでしょうか?

 

結論

私の評価としては6:4で「youtubeは現代の育児には必要不可欠だと」感じています。悪い面もありますが、良い面もあります。要は「使い方ひとつで''必殺技''にも''凶器''にもなるということです」その使い方を導いていくのは''私たち親の責任''なのだと思っています。見せる条件としてあげられる例は:

  1.  一日1時間だけ見せるとして30分ずつタイマーをかけタイマーが鳴ったらやめさせる。
  2.  youtubeセッティングで閲覧禁止のコンテンツに権限をかける
  3.  何かお手伝いや、本を30分読ませる又は勉強をさせたから見せる

などなどいろいろな手段があります。みなさも一度youtubeの見せ方について考えてみてはいかがでしょうか?この先もyoutubeときっては切れない関係が続くと思いますが、皆様良い知恵を絞ってyoutubeを育児の武器または必殺技として活用していきましょう!!

追記

買い物ができるようになりましたのでお知らせいたします。一度見に来てください!

Click here http://shop.moshimo.com/umichannel/